アスリートのパラレルキャリアを考えるイベントに登壇しました

スポーツビジネスサロンのDYOPさんが主催する、スポーツイベント『アスリートのパラレルキャリアをDRIVEする 〜未来のアスリートキャリアのあり方とは〜』に登壇してきました。

様々なバックグラウンドを持つアスリートとディスカッションでき、非常に有意義なイベントでした。

DYOP.とは

DYOP.さんは、「Drive Your Own Passion」をテーマに活動されている団体です。

団体の説明は以下の通り。

スポーツビジネスにパッションがある人が、スポーツビジネスを学び、実際に小さなところからでもアウトプットしながらスポーツ業界に貢献する為のコミュニティです。

現時点での主要な活動は、
1.月一回のスポーツビジネス関係者を講師に呼んでのセミナー、
2.ボランティアベースのスポーツ事業関連中小プロジェクトのマッチング、
3.不定期のスポーツイベントへの参加・パブリックビューイングという名の飲み会、
4.FBグループ上での意見交換、
です。

イベント内容

まずは最初に自己紹介。各選手の紹介はブログ最下部に記載しています。

 

続いて、進めていったのがパネルディスカッション。

様々なテーマがありましたが、終始一貫していたのは、アスリートのパラレルキャリアを実現する為に必要なことは何なのか。といったテーマでした。

競技はもちろん、各個人が持つバックグラウンドが違うので僕自身も非常に勉強になりました。

ディスカッションテーマとしては以下のようなテーマでディスカッションしていきました。

  • セカンドキャリア、パラレルキャリアを考えるキッカケ/参考にした人
  • パラレルキャリアのタイムマネジメント
  • パラレルキャリアのメリット/デメリット
  • アスリートのセカンドキャリア 現状と課題
  • 課題に対してパラレルキャリアが持つ解
  • アスリートの持つ可能性について
  • 今後アスリートのパラレルキャリア普及のために実現したいこと

Workshop

パネルディスカッションが終了したあとはグループ別にディスカッション。2つのテーマを選択し、3つのグループに分かれてディスカッションをしていきました。

  1. アスリート全体のパラレルキャリアの意識底上げのためにOutsiderとしてできること
  2. アスリートの持つキャリアポテンシャルを最大化するためにOutsiderとしてできること

最後には各グループで発表するというイベントでした。

各グループ短い時間なのにも関わらず非常に面白い内容にまとまっていました。

イベントで感じたこと

最近スポーツ系のイベントに登壇したりする機会が増えているのですが、とにかく思うことは、スポーツの魅力は素晴らしいという事。

今回の運営のDYOPさんも非営利でやっていますし、今回の参加者の方々もスポーツを発展させる為にどうしたら良いのか、をそれぞれが熱い思いをもって行動しているなぁと感じます。

これこそスポーツが持つ力だなぁと本当に思います。
スポーツを発展させたいと思っている人は多く、その可能性なども感じている人が多い。

だからこそ、僕たちアスリートはやっぱり甘えているんだなぁとも強く思いました。
周りの方々がこんなにも思ってくれているのだからこそ、甘えてしまっている。
僕らも甘えていないで、そろそろ前を向かないといけない。

正直、どうやったら良いかは分からないんですが、少しでも僕たちアスリートがスポーツ界の発展に貢献し、恩返しできるようにしていきたいなぁと、改めて感じたイベントでした。

一緒に登壇した方々

今回のイベントでは自分を含めて3人の登壇者+司会者(前田さん)でのディスカッションでした。

本当に楽しい時間をありがとうございました!

大滝 麻未さん

元なでしこジャパンで、現ニッパツ横浜FCシーガルズ所属。
オリンピック・リヨン在籍時には欧州チャンピオンズリーグの優勝も経験。
昨年には、現ガンバ大阪の宮本恒靖監督も取得したFIFA(国際サッカー連盟)が運営する大学院でFIFAマスターを修了。

菊池 康平さん

元ボリビアリーガーにして、現在はスポーツライターとして様々なアスリートを取材。そして、パラレルキャリアとしてパソナスポーツメイトでアスリートのキャリア支援も行なっている。
プロサッカー選手を目指し、これまで16ヵ国で挑戦し、13ヵ国目のボリビアではプロ契約を果たす。

 

皆さん、ありがとうございました!

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*