スポーツ

スポーツ選手の強みって何だろう?

スポーツの強みってなんだろう?
それを見つける為に、気になるセミナーに参加してきました。

登壇者は、スラムダンク勝利学で有名なスポーツドクター辻先生と元フットサル日本代表の北原さん。
テーマは、「自分との向き合い方に悩む方々へ ~現在そして新しい挑戦における強みの見出し方~」でした。

続きを読む

イチロー思考 を読んで

▼『イチロー思考』

著者:児玉光雄
出版社:東邦出版

▼Point

非常に興味深いポイント。何か目標ができてしまうとそれが壁となる。自分の力を超えすぎた目標ではなく、自分のベストを尽くす。昨日よりも0.01秒でも早くなることを目指す。

元々ピッチャーがやるべきはこっちだと思う。ピッチャーという役目で考えるならば。いかに相手に打たれないか。これを追求する。綺麗なボールではない。仕事も同じだと思う。ルールはあるけれども。

自信を表現することには責任が伴い、それによって自分が鼓舞される。ビックマウスすぎるのも良くないが、常に多分とか、やれるだけ、とかそういう言葉はマイナスな結果を引き寄せる。

スランプ=結果が出ないこと、とはっきりと言えるのは凄いと思う。
スランプ→感覚がつかめない。感覚がつかめない→結果がでない。そうわかったとき、意識は結果ではなく感覚に向く。良い時の感覚はなんだったのか、何が違うのか。それがわかればスランプはスランプでなくなる。

こう言えるのは凄い。ここまでの、感覚を持てることが素晴らしい。うまくいっていなくとも自分は間違ってないと思えれば、間違いなく結果がついてくる。

全てのことは意味があり好転するきっかけであることをまさに体言している。一般の人はここでひたすらに文句をいう。文句は何も生み出さない。いかにポジティブに捉えられるか、捉えられるように自転車を走らせられるか。人生は自転車に似ていてゆっくりしたスピードほどふらふらしてしまうのだから。

 

▼感想

感覚として自分はイチロー思考と“似ていた”なと思う。は少しずれてしまっているなぁと感じた。まだまだ成長できるはずなのに、過去できていた事が出来ない。
こんな状況は直ぐに脱しなければいけない。
改めて今の状況のまずさと、思考の重要性を感じた。

しばらく現役を退いたアスリートこそ読んで気付きが得られるのとが多いのではないだろうか。

▼目次

  1. イチローの行動パターンに学ぶ
  2. 自らを進化させる法
  3. 仕事と向き合う姿勢
  4. 逆境からの教訓
  5. 目標に挑む心理
  6. 困難へのチャレンジ
  7. 夢を実現する過程
  8. 充実した人生を過ごすために

 

スポーツの感動はマズローが解き明かしていた

こんばんは。
最近、答えのない問いに向かい続けていて、色々試行錯誤している毎日。

 

そんな中、最近気がついたことを皆さんにシェアしたいと思います。
何スポーツが凄いのかなぁと思っていたときに、思いついたことです。

 

マズローの5段階欲求説

ご存知でしょうか?こんなやつです。

マズローの5段階欲求図

マズローの5段階欲求説明図です。



 

 

 

たぶん覚えている人は多いと思います。

簡単な説明をすると

 

第一段階(生理的欲求)

第二段階(安全の欲求)

第三段階(所属と愛の欲求)

第四段階(承認の欲求)

第五段階(自己実現の欲求)

ということになります。
そうそして、今回のタイトル通り

この理論には続きがあった・・・

それが、こちら。

自己超越

自己超越の説明図

え?変わってない!?

 

よーく見てください。一番上に自己超越ってあるでしょ!?
これがマズローが晩年に唱えた6段階目なのです。

第六段階(自己超越の欲求)

 

そう、これですよ。これ。
マズローいわく、この領域に達している人は、2%ほどだそう。

もしかしたら(というか絶対)解釈が違う可能性があるけれども、
自己超越って常人じゃ届かない領域だと思うんです。

 

つまり、アスリートは、自己超越している人の集まりであって、
だからこそ、みんな感動するのではないでしょうか?

みんなが自己超越したいという欲求を根底で備えているため、
その領域に達している人たちへの憧れ・・・なのではないかと思うんです。

 

きっと違うんだろうけれども、僕は何となく納得。

試合結果報告

 

試合結果報告

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

昨日(もうおとといになりそうだけど)JAPANOPEN2014に出場しました。

出場種目は50m平泳ぎ。

 

あの手首を骨折してから、復帰戦第一戦でした。出場する前は、練習不足(スプリンターなのにウエイトトレーニングできない)などなどがあり、まぁ出場して最下位にならないようにしようかなぁ程度で思っていました。

 

が、会場に行くとそこは懐かしい雰囲気。

懐かしい人。

 

生まれた感情

 

 

「やるならちゃんと結果出してぇ」

 

ということで、まぁ必死こいて身体温めました。

 

結果

 

 

 

結果38位。29.12(12.6)

うーむ。(リアクションだけは速かった)

 

B決勝に出場するまであと0.5秒くらい。

次回はここを狙おう。狙える気がする。

 

やっぱりやると欲が出てきますね。試合に出続けて試合感を持つというのは重要です。

練習だけではだめな部分など本当にたくさんのことが改めてわかりました。

 

 

現役時代ほど練習はできないので、しっかりと”頭”を使って強化したいと思います。

 

 

試合動画です。

 

アスリート支援

おはようございます。

 

ひょんな出逢いから、『10人の侍プロジェクト』というプロジェクトに特別サポーターとして参画することになりました。

(画像クリックで飛びます)

 

日本国籍を持つ大学生・大学院生・専門学生が参加出来るのですが、世界へ挑戦する情熱があれば、どんな内容でも(出来るかは別らしいですが)支援するということでした。

過去には陸上でジャマイカに短期留学。ボルトを教えたコーチのところで合宿をした選手もいるそうです。

 

現在、ビジネスやファッション関係の参加は多いらしいですが、アスリートやスポーツ関連の学生の応募が少ないとのこと。そこで特別サポーターとして参加することになりました。

 

何人か有望な若手には声をかけましたが、日本のアスリートはこういったイベントに参加をしてもらいたいと思います。

こういったイベントに参加することで、他業界の人と触れ合うことができます。そうすると何が自分の強みなのかなどもわかるようになります。

 

残念なことにアスリートはスポーツさえやっていれば良いという教育を受けてきていますし、周りの環境が外に出ることを推奨していません。(一部では出さないというところもあるくらいに)

 

当然本人たち(自分含め)アスリートにも問題があるので、それはまた別の機会ででも書きたいと思います!

 

これを読んだアスリート・スポーツ関係者の学生はぜひ応募してもらいたいです。

挑戦は無料です。