人の時間を頂くという感覚

最近良く相談を受けるんです。

マーケティングのことから何から色々とあるのですが、学生からの相談が圧倒的に多いです。

 

 

学生「将来、小坂さんみたいになるためにはどうしたらいいですか!?」

小坂「なれません。」

学生「へっ!?」

 

というやり取りは何度繰り返したことか。

 

僕に対して憧れを持つのは結構ですが、僕みたいになろうとするだなんて変な話です。極端に言うと、お前は俺の何を知っているのだと。

 

何か期待を持って、僕に会いにきてくれるのは凄くうれしいし、先輩方にもアドバイスを求めていたことが山ほどあるから、先輩への恩返しとして、後輩にアドバイスをするということをしたいのですが、

 

声を大にして言いたい。

 

「せめて準備してこい」

 

いやね、分かるんですよ。初めてなのだから。

質問がなかなか出てこないのもわかる。それは仕方ない。

 

けどあまりにも質問が出てこないとか、詰まっちゃうとか、、、会う以前の問題じゃないかと。

 

 

えらそうな言い方だけれども、僕の時間をもらっているわけです。あげているわけです。(当然僕も学ぶことはありますが)

それなのに準備してこないとはどういうことかと。

 

 

人の時間をもらう、という感覚を持つべきだと思うんですよね。無償だからいけないのかな。

有料にしたくないけど、1時間100円とかにしたら、真剣に準備してくるようになるかな?

 

無料って責任が無くなるからリスキーだと思った暑い夏の夜。

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*