世界へはみ出す を読んで

▼『世界へはみ出す』

著者:金城拓真
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

▼Point

面白い。何もポジティブすぎるだけでなくてもいいんだね、ってこと。

 

これは怒らなくてもいいことにパワーを使わない。価値観が違うならば合わせたほうが良い

 

これはまさに。スポーツ選手だからこそ気をつけたい
200m個人メドレーの内訳を50バッタ、25バック、75ブレ、50フリーにしてやる、、、てな感じかな。

 

自分を信頼してもらい、給料以外の魅力を感じてもらう。これ、大切だなぁ。
どうやってみんなに理解してもらうか、何を大事にしてるかを考えて動かないと。

 

まさに。安全を求めてしまっていた最近。失敗したって大して痛くないスピードで走ってるのに(いや、痛いんですけどね)、転ばないようにスピード緩めてしまった、最近。
不安定を狙いにいかないとだめだなぁ。

 

確かに外国いって、日本人だと相手の態度が変わります。そりゃ、ダメなことももちろんあるけど。政府が支援していた国なんて日本人みんな大好きだし、フレンドリーに接してくる。とうぜん、打算があってだと思いますがね。けど、日本人のそういった信頼感ってやっぱ凄いですよね。利用しない手はない。コネと同じで使い倒さないと。

 

▼感想

全体を通して非常に読みやすい本だった。読むまでの時間としては2時間くらい。

何かを学ぶかというとそうでもないんですが、なんとなく再確認につかえたなぁという印象。
細かいポイントで、「そうそう、そうなんだよ!」という事が多かったです(上からw)

肩肘張ってしまっていた自分と、ゆるくなっている自分と気がつけた一冊でした。

選択肢がまだまだ広いこと、もっと世界を見るべき・競争相手のいないところにいくべきだなぁと思いました。

 

▼目次

  1. 日本をはみ出す
  2. 地球をビジネスで選ぶ
  3. サバイバル力をつける
  4. アフリカに家族をつくる
  5. 海外から日本を思う

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*