サービスの種を見つけるワークショップ

こんにちは、競泳元日本代表の小坂です。
今回は、「大人の楽屋」さんでセミナーをさせて頂きました。

大人の楽屋は「フリーランスで稼ぐための実践場」をコンセプトに、個人の本来やりたいことや能力を生かしたビジネスモデルをWebを活用し一人一人が主体性を持って学び活動するオンラインサロンです。

https://otona-club.com/about/

ワークショップ概要

今回のタイトルは、「サービスの種を見つけるワークショップ」ということで、開催しました。

6名の方にご参加いただき、最初は簡単なセミナーを行い、その後、共同のワークショップを行いました。

僕自身が、どうやって新サービスを作ってるのか、どんなことを気を付けなければいけないのかを説明させて頂き、後半はその第一歩として、ワークショップを実施して、新サービスづくりを体験してもらいました。

どんなことを話したのか

実際に、僕個人で作り出した新サービスがどうやって生まれたのかを聞いていただきました。

その後に、ワークショップとして、「困っていること」の洗い出しを行いますが、本当にそれは困っているのか、ということを議論していきました。

例えばこのように、自分自身がスポーツトレーナーだった時に、主訴だけにとらわれずに、その背景にあるものをくみ取る事が出来るかどうかが非常に重要になってきます。

例えば、女性にとって「買い物は面倒である」。この課題は正しいものではあるものの、一種「買い物を楽しんでいる」という相反する感情を思っている点には注意が必要です。

実際のワークをしている様子

個別のチームに分け、ディスカッションをすることで、お互いになかった視点などを発見しあいました。

ディスカッションの中では、
「あ!それわかる!私も!!」なんて声が飛んでいたりと和気あいあいと進めることが出来ました。

まとめ

シンプルだからこそ難しい「困ったこと」探しのワークでしたが、非常に皆さんに良い刺激になってもらえたようです。

複業だからこそできる強みもあるなぁと思ったのが、やはり「収入の安定」。
収入が安定しているから精神的に安定をしていて、「本当に周りも困っているのか」ということに焦点をあてて、会話をすることができていたと思います。

それではまた!

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*