仕事

買いたがる脳 を読んで

▼『買いたがる脳』

著者:デイビッド・ルイス
訳者:武田玲子
出版社:日本実業出版社

▼Point

私たち消費者の想像もつかないレベルでマーケティングが進化している。心理学的アプローチではなく脳科学として。確固たる人間としての反応として。それを実現するための各種ビッグデータ。非常にわくわくもしつつ恐ろしい時代なのかもしれない

当然人なので色の好みはある。しかし、脳波を分析した結果、理想的な要素がわかり、色を変化するだけで売り上げが30%も上がる世界。個人の好み、という一言では片付けらないほどにマーケティングが進化。商品開発もそれに伴ってスピーディに動ける必要がある。

たった一言。その一言に驚くべき意味が隠されている。コピーがまさか暗示の言葉だなんて信じられない。某コンビニの「あなたとコンビに」というコピーももしかしたら「わたしとコンビに」にしたほうがいいのかもしれない。

この本には本当に驚かされてびびらされる。全く持って意識せずみている画像の中に性的描写が隠れているだなんて。しかもその描写があることで覚醒度が変わるということも驚き。ありとあらゆることが計算され、しかも顧客の判断に効いている。

▼感想

随分と前に読んだこの本を思い出した。

この本は非常に面白く、日ごろのマス広告から店頭での購買行動まで私たちの行動を丸裸にしてくる。

今まで、「なんとなくわかっていたこと」を科学的なデータと事例を元に「わかった!」にしてくれるからなお素晴らしい。

マーケティングの未来を感じさせてくれるが、同時に恐ろしさも感じるような本だった。評価としては9/10というところかなぁ。

 

色々と事例が出てきて使えそうな話題ばかりだったので、再度読み直したりもしたいと思う。

▼目次

  1. ショッピングを「科学」する
  2. ショッピング現場に潜む「かくれた説得者」
  3. 「あなたの考えはお見通しです」
  4. ショッピングはあなたの「気分」だけでは完結しない
  5. 「買い物する脳」の中身
  6. 売り場が醸し出す「雰囲気」の説得パワー
  7. ブランド愛―お客の感情を操作する
  8. サブリミナルのプライミング効果
  9. テレビがあなたを観ている
  10. モバイルメディアのマーケティング力
  11. 究極の「買いたがる脳」
  12. 売り手の思惑、買い手の責任

移動者マーケティング を読んで

▼『移動者マーケティング』

著者:加藤肇/中里栄悠/松本 阿礼
出版社:日系BPコンサルティング

▼Point

著者がジェイアール東日本企画ということなので、まぁそれを売るための本であることを最初に覚えておいた方がいい。当然、移動者は魅力的ですという文章が多いので。

 

この本の中では、通勤や通学が・・・と書いてあるが、確かに役割を切り替える際には、何かの行動を伴うことが非常に多い。仕事をするぞ!という気持ちになるために缶コーヒーを買ったりと。この部分を意識してあげることは社会的役割が多い現代において非常に重要かもしれない。

アスリートでいう一種のゲンカツギ、のような気がする。

 

驚くべきことに計画的に来店している人は少ない。移動中とかお店をみて「ハッ」となって来店することが多いという。確かに自分でもそうかもしれない。そう考えると、いかに衝動的購買意欲を狙うか、ということが重要になってきそう。

また、「ハッ」とする内容も、トイレットペーパーがないから今日買わないと!!というような必要的な来店ではなく、今日じゃなくてもいいという来店が多い。前に書いた役割切り替えの部分でも一度カフェによって・・・とかCDショップによって・・・という行動はこの辺りから生まれているのかもしれない。

▼感想

移動者、という切り口ではあったが、実店舗での販売を設計していくためには非常に面白い情報が山盛りの内容だった。

JR東日本企画がやっている駅消費研究センターの中にも非常に面白い情報がたくさん入っていた。やはりJRが関連するところのデータが中心にはなっているが、このデータを他の購買シーンや旅行などでも転用することが出来そうだ。

OOHやDOOHを語るときには顧客の心理や実態を知る上で読んでおいて損がない一冊だと思った。

▼目次

  1. 買い物の前後には移動がある
  2. 「駅消費」と移動者マーケティング
  3. 移動者マーケティングとは
  4. 移動者マーケティング・プランニングの実践
  5. 特別対談-宇佐美清氏と考える移動者マーケティング
  6. 広がる可能性-移動者マーケティングの近未来

 

起業家が統計学を学ぶべき3つの理由

統計学

『統計学が最強の学問である』で、一気に着目された、統計学。
いつか勉強しなければいけないなぁと思っていましたが、構造計画研究所さんのセミナーで初歩中の初歩を学んできました。

利用したツールは

minitabCrystal Ballでした。

 

統計とはなんぞや?という話などは専門家の方々にお願いするとして、
今回は起業家が統計学を学ぶべきだと感じた理由をご説明したいと思います。

 

 

1.コミュニケーション ~相手との共通言語~

コミュニケーション相手と会話をする際に、互いに共通の言語がなければ会話が出来ないように、
統計学に基づいて話をする為には、最低限の知識がないといけません。

この記事を読んだときに、データアナリストに頼めば・・・と思った方も多いと思いますが、
データアナリストと話をするためにも、共通言語として統計学の基礎は学んでおくべきです。

IT系で起業をするのに、「プログラムってなに?」状態では、話が円滑に進みません。

今後間違いなく様々なデータが増加していきます。となるとデータ分析は必須となります。

 

あなたはそのとき、彼らと話す言語を持っていますか?

 

 

2.客観的視点

客観視 データは嘘をつきません。(統計する前の前提条件が正しいということが前提ですが)
人は自分がやっていることに関して、都合の良い解釈をしがちです。
根拠のない自信に身をゆだねた経験は何度かあると思いますが、まさにそれです。

根拠のない自信に身をゆだねるというのは、ただのギャンブルです。

根拠の薄いものを、過去のデータなどから分析をすることで、明確な根拠となります。
ここでの重要性は、「自分の為でなく、誰かの為に行うこと」であることです。

 

起業家は、周りをひっぱっていかなければなりません。

当然カリスマ性なども必要ですが、
投資家や銀行などと話をするためには、根拠が必要です。
自分自身の考えを客観的に見る(根拠を明確にする)ことで
より相手の理解を得ることができます。

 

 

3.PDCAサイクルの高速化

高速移動

統計学は、あくまで仮説でしかありません。
しかし、統計学に基づき仮説を立てておくことで、見直しは簡単に出来るんです。

統計的に計画を立てるということは、数字に対して、何かしらの仮説があることになります。

例:
売り上げは来月は1000万になる
データ:
・今月は750万 顧客数500人
・先月は500万 顧客数500人
・先々月は250万 顧客数400人

おそらく250万ずつ伸びているから、この計画を立てているんだと思います。
本当に正しいかどうか分かりませんが、
統計的には正の相関が描けそうなのでおそらくあっていそうです。

ただ、売り上げと時間は、必ずしも正の相関が得られるものではありません。
時間がたてば勝手に売り上げがあがるということはないですよね。

例であげている計画は正しいかどうか判断がつきませんが、この計画が立てられていることでこの計画通りにいかなかった場合は、顧客数に目を向けることができます。
単純に顧客数を伸ばせばいいというわけでもなさそうですね。客単価も重要になってきそうです。

といったように、統計学(といえるレベルではないですが)を元に考えることで、重要な経営判断ポイントを間違える可能性が低くなるのです。

事業を進めていく上で、計画通りになんて絶対にいきません。
大事なのはプランをどれだけすばやく変更し、実行できるかです。

統計的に要因を分析していくことで、
リソースをどこに割いていくべきなのかを即座に判断できるようになります。

 

おわりに

いかがでしょうか?少しでも統計学に興味を持っていただける人がいたらと思います。
もし、統計学についての基本を学びたい方はこちらのサイトが非常に参考になります。

にしても統計学ははまったら危険です。あくまでも参考に使うべきだと僕は思います。

人の時間を頂くという感覚

最近良く相談を受けるんです。

マーケティングのことから何から色々とあるのですが、学生からの相談が圧倒的に多いです。

 

 

学生「将来、小坂さんみたいになるためにはどうしたらいいですか!?」

小坂「なれません。」

学生「へっ!?」

 

というやり取りは何度繰り返したことか。

 

僕に対して憧れを持つのは結構ですが、僕みたいになろうとするだなんて変な話です。極端に言うと、お前は俺の何を知っているのだと。

 

何か期待を持って、僕に会いにきてくれるのは凄くうれしいし、先輩方にもアドバイスを求めていたことが山ほどあるから、先輩への恩返しとして、後輩にアドバイスをするということをしたいのですが、

 

声を大にして言いたい。

 

「せめて準備してこい」

 

いやね、分かるんですよ。初めてなのだから。

質問がなかなか出てこないのもわかる。それは仕方ない。

 

けどあまりにも質問が出てこないとか、詰まっちゃうとか、、、会う以前の問題じゃないかと。

 

 

えらそうな言い方だけれども、僕の時間をもらっているわけです。あげているわけです。(当然僕も学ぶことはありますが)

それなのに準備してこないとはどういうことかと。

 

 

人の時間をもらう、という感覚を持つべきだと思うんですよね。無償だからいけないのかな。

有料にしたくないけど、1時間100円とかにしたら、真剣に準備してくるようになるかな?

 

無料って責任が無くなるからリスキーだと思った暑い夏の夜。

何事も分析

分析図

こんにちは。

悠真です。

 

最近暖かくなりましたね。ピクニックやBBQなどに出かけたい暖かさになってきました。

 

さて、今日は千葉の会社での仕事をしていました。

今日は直近での顧客分析等々を行って、ユーザーに答えを求めていました。僕らが考えるよりも答えをもっていますからね。

その結果が、これ!

分析図

 

 

 

 

 

 

はい、よくわかりませんよね。

まぁ要は顧客分析を行ったわけです。どういう人達がどんな行動をしているのか。

 

自分たちで考えても答えは出てきません。なので、しっかりと、お客さんから答えを聞き出したいと思います。

データアナリストなどが重要と言われている昨今ですが、ユーザーエクスペリエンスを高めるためにも

顧客が持っている答えを知らないといけませんね。

 

水泳でも同じ、自分の感覚だけで泳ぐのではなくて、しっかりとレースペースなどを分析をして、どういうペースで自分が泳いでいるのか、そういったことも重要となってきます。

 

今日も1日お疲れ様でした!

これから全社での懇親会です!!焼き鳥じゃっ!