気が付いたら自分はもう若者じゃなくなっていた

今日は縁あって非常に面白い会に参加してきました。

自分が唯一の80年代という。ほぼ90年代の集まり。

 

 

中には女子高生もいるし、2歳の子供もいるし。

今まではまだまだ26歳だなんて若手だと思っていたけれども、彼らの話を聞いているともう既にビジネスの世界では20歳そこらでビジネスやっている人たちもいるし、それぞれ自立しているし。

 

ビジネスに年齢は関係ないといえば無いんだけれども、残された年数のことや年代のことを考えるとこれからビジネスの中心になっていくのは、彼ら。

 

別に本気で焦ったわけではないけれども、良い意味でもっとスピード上げないとなぁと思いました。

どうせならば同年代や年下には負けたくないし、年代関わらずNo1でありたい。

 

だからこそ、しっかりと自分自身で強く想いを持って進めていかないといけないなぁと思いました。

 

にしても自分が知らない業界というものは面白い。いろんな仕組みがあるんだなぁと思う。

きっとビジネスを作っていくには、こういった仕組みを理解して、それを変えていくことがひとつのビジネスになるんだろうなぁと思いました。

 

さ、寝よう。年末年始で書き上げるものもあるし、加速させよう。

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。