既存のWordPressサイトの開発環境をネット上で作る

WordPressのカスタマイズをガシガシとやっていくようになり、あるときに

「サーバーへの接続エラー」という画面表示になり、全く管理画面にアクセスできないことに。

結果としてMyphpAdminをいじっているときにパスワードを変更したことが原因だったんですが、もう二度とこんな思いしたくないということで、開発環境を作ることにしました。

さて、まず実際に進めていきたいと思います。備忘録なので、自分がやった手順をまとめていきます。

ファイルなどの準備

WordPressディレクトリの中身をダウンロード

WordPressがインストールされているディレクトリ配下を全てダウンロードしていきます。

プラグインのBackWPupなどを使うもよし、FTPソフトでごっそり手に入れるのもよしです。

 

MySQLデータをダウンロード

 

こちらももともと設置しているコピーの元であるMySQLのデータをごっそり持ってきます。

PHPMyadminなどからダウンロードするなり、プラグインを使うなりやりましょう。

新しいDBを作成する

各社いろいろなやり方があると思いますが、新しいDBを作成します。

データベースのユーザー名、パスワードなどは記録しておきましょう。次に使います。

 

正しくアップロードできるようにファイルを変更

コピーしたWordpressのwp-config.phpを変更

●の部分を自分用に変えていきましょう。

SQLファイル内部のURLを変更

SQL内には過去のURLが残っています。

以下のように開発環境をコピーして作りたい場合は、一括置換するようにしましょう。

●●.com/ → ●●.com/kaihatsu

実際にアップロードしていく

FTPによるアップロード

実際のディレクトリを作成しその配下にダウンロードしたコピーデータを格納してきます。

wp-configなどが変わったものなどもアップしていきましょう。

MyPHPAdminへのアップロード

新しく設定したデータベースの中にSQLファイルをアップロードします。

インポートという言い方のほうが正しいと思います。

 

 

以上の手順でしっかりと開発環境を作ることができました。

開発環境と本番環境がごっちゃにならないように、サイト名などは変更することをおすすめします。※重要※

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。