答えを知るか、公式を知るか

こんばんは。
前回のジャパンオープンから、色々と考えることがあり、まだ整理できていない状況ですが、
ふと、思いついたことを備忘録として。

最近仕事の方もより充実するようになってきて楽しい毎日が過ぎていきます。
今現在は、新規事業開発を担当しています。

そもそものやり方に正解もないですが、
身近にロールモデルがいるわけではないので、何をやるか、というところに苦労しています。
何をやったらいいかもわかりづらいというところでしょうか。
誰も教えてくれない。(アドバイスはもらえますが)

ずいぶんと昔から考えていたことですが、能力に汎用性があると僕は信じています。
いわゆる経験値というものとニアリーイコールだとおもいますが。

たとえば
5+5=?

という問題を算数がまったく分からない人に教えるとき。
(数の数え方は分かるとして)

答えは10だよ、と単純に教えるのか
5から5つ先にある数が答えだよと教えるのか

10と教えられた人はこの先も答えを聞かないといけないでしょうし
やり方を教えてもらった人は他の問題でも足し算をとけるようになると思うんです。

まぁ要はちゃんとなぜなるかを考えるということが重要といいたかった。。。

うん、公式と答え。僕の中ではすっきりしました。
そろそろブログの体裁を考えないと。

試合結果報告

 

試合結果報告

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

昨日(もうおとといになりそうだけど)JAPANOPEN2014に出場しました。

出場種目は50m平泳ぎ。

 

あの手首を骨折してから、復帰戦第一戦でした。出場する前は、練習不足(スプリンターなのにウエイトトレーニングできない)などなどがあり、まぁ出場して最下位にならないようにしようかなぁ程度で思っていました。

 

が、会場に行くとそこは懐かしい雰囲気。

懐かしい人。

 

生まれた感情

 

 

「やるならちゃんと結果出してぇ」

 

ということで、まぁ必死こいて身体温めました。

 

結果

 

 

 

結果38位。29.12(12.6)

うーむ。(リアクションだけは速かった)

 

B決勝に出場するまであと0.5秒くらい。

次回はここを狙おう。狙える気がする。

 

やっぱりやると欲が出てきますね。試合に出続けて試合感を持つというのは重要です。

練習だけではだめな部分など本当にたくさんのことが改めてわかりました。

 

 

現役時代ほど練習はできないので、しっかりと”頭”を使って強化したいと思います。

 

 

試合動画です。

 

JAPAN OPEN2014

今日は会社に半休を頂き、試合の監督者会議参加とアップをしに来ました。

金曜に50m平泳ぎに出場します!

会場に行く途中に同期に会い、まさかの会社の先輩と後輩に会い、会場では色んな人と再開できた!

なんかもう同窓会みたいな気分だったなぁ。
とはいえ会場につくと、そこは真剣な場だし、血が騒ぐというか、B決勝残ったらカッコいいなぁ自分とか思いつつ、もっともっと真剣に練習も取り組もうと思ったわけです。

正直手首の骨折あって、力発揮しきれないかもしれませんがやり切りたいと思います!

では!

20140618-190352-68632100.jpg

試合

今日は会社に半休を頂き、試合の監督者会議参加とアップをしに来ました。

金曜に50m平泳ぎに出場します!

会場に行く途中に同期に会い、まさかの会社の先輩と後輩に会い、会場では色んな人と再開できた!

なんかもう同窓会みたいな気分だったなぁ。
とはいえ会場につくと、そこは真剣な場だし、血が騒ぐというか、B決勝残ったらカッコいいなぁ自分とか思いつつ、もっともっと真剣に練習も取り組もうと思ったわけです。

正直手首の骨折あって、力発揮しきれないかもしれませんがやり切りたいと思います!

では!

20140618-190352-68632100.jpg

アスリート支援

おはようございます。

 

ひょんな出逢いから、『10人の侍プロジェクト』というプロジェクトに特別サポーターとして参画することになりました。

(画像クリックで飛びます)

 

日本国籍を持つ大学生・大学院生・専門学生が参加出来るのですが、世界へ挑戦する情熱があれば、どんな内容でも(出来るかは別らしいですが)支援するということでした。

過去には陸上でジャマイカに短期留学。ボルトを教えたコーチのところで合宿をした選手もいるそうです。

 

現在、ビジネスやファッション関係の参加は多いらしいですが、アスリートやスポーツ関連の学生の応募が少ないとのこと。そこで特別サポーターとして参加することになりました。

 

何人か有望な若手には声をかけましたが、日本のアスリートはこういったイベントに参加をしてもらいたいと思います。

こういったイベントに参加することで、他業界の人と触れ合うことができます。そうすると何が自分の強みなのかなどもわかるようになります。

 

残念なことにアスリートはスポーツさえやっていれば良いという教育を受けてきていますし、周りの環境が外に出ることを推奨していません。(一部では出さないというところもあるくらいに)

 

当然本人たち(自分含め)アスリートにも問題があるので、それはまた別の機会ででも書きたいと思います!

 

これを読んだアスリート・スポーツ関係者の学生はぜひ応募してもらいたいです。

挑戦は無料です。

 

アスリートの強み

アスリートの強みって、周りがアスリートの時は気がつきませんが山ほどあると思います。

真面目
マメ
きちんとこなす
考えて動ける

アスリートの環境にいるからこそ見えてこないものもあるはず。

さぁ、僕は泳ぐビジネスアスリートと書いていますが、ビジネスの世界でアスリートが強いという証明はできるんでしょうか!?

20140606-011200-4320874.jpg
家の近くの神社。神秘的ですね。
心あらわれるー。
さぁ明日も頑張ろう!

このブログの目的をどうするか

誰向けになぜ書くのか、自分なりに整理しないといけないなぁと思う。

とりあえず、日記をつけることは学術的にも素晴らしいことのようなので、毎日書くようにはしたいと思っています。

にしても口の中に口内炎。痛い。Σ(゚д゚lll)

ちゃんと栄養とらないとだめだなぁ、ほんと。

20140605-193311-70391456.jpg

この間作ったカレー。カレー食べたいっ!

スカッとするときに見たい超凄いプレイ

Backflip

Backflip

 

 

こんばんは。

今日はいつもと一味違った動画をご紹介。すばらしい動画です。

 

どんなスポーツであれ、スーパープレイというものは存在するんですね。

感動しました。

特に車椅子のバックフリップなど、日本人じゃ考えられないことをやってのけます。

 

 

スカッとしたいときに見たい動画です!

 

 

人間は単純であほだと本当に思います。良い意味で。

けれどもこういうのだからこそ感動できるのかもしれません。

 

面白かったらシェアしてください^^

起業家向けクイズ

時代は遡り、馬車から自動車に移り変わろうとしている時代。

 

まだまだガソリンスタンドもある訳ではなかった。

自動車の時代が来る事は明白ではあったがいつになったら来てくれるのか誰にも分からない。

 

 

そんな中、あなたはどんな行動をとるだろうか?

 

 

馬車を作り続けるだろうか?

自動車製造にチャレンジするだろうか?

ダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、タイヤを作る。

皆さんはどうだっただろうか?

 

当時タイヤは馬車にも自動車にも使えた。こうなると、どちらに転んでもタイヤ製造は安泰なのである。

 

起業家に大事なのはこんな視野なんじゃないだろうか。

 

と、自問自答。わからなかったけどw

 

引用元

 

5月1日メニュー

ドライランド約1時間ほど

RUN 15分

 

Swim

200×1 SKPS

50*3 IM/FR

100*6 Dec 1-3

50*1 Hard/E  BR

50*6 Drill

50*2 Hard/E BR

300 down

 

こんな感じ。

 

もう少し書きやすいメニューのツールでも作成しようかなぁ。