買いたがる脳 を読んで

▼『買いたがる脳』

著者:デイビッド・ルイス
訳者:武田玲子
出版社:日本実業出版社

▼Point

私たち消費者の想像もつかないレベルでマーケティングが進化している。心理学的アプローチではなく脳科学として。確固たる人間としての反応として。それを実現するための各種ビッグデータ。非常にわくわくもしつつ恐ろしい時代なのかもしれない

当然人なので色の好みはある。しかし、脳波を分析した結果、理想的な要素がわかり、色を変化するだけで売り上げが30%も上がる世界。個人の好み、という一言では片付けらないほどにマーケティングが進化。商品開発もそれに伴ってスピーディに動ける必要がある。

たった一言。その一言に驚くべき意味が隠されている。コピーがまさか暗示の言葉だなんて信じられない。某コンビニの「あなたとコンビに」というコピーももしかしたら「わたしとコンビに」にしたほうがいいのかもしれない。

この本には本当に驚かされてびびらされる。全く持って意識せずみている画像の中に性的描写が隠れているだなんて。しかもその描写があることで覚醒度が変わるということも驚き。ありとあらゆることが計算され、しかも顧客の判断に効いている。

▼感想

随分と前に読んだこの本を思い出した。

この本は非常に面白く、日ごろのマス広告から店頭での購買行動まで私たちの行動を丸裸にしてくる。

今まで、「なんとなくわかっていたこと」を科学的なデータと事例を元に「わかった!」にしてくれるからなお素晴らしい。

マーケティングの未来を感じさせてくれるが、同時に恐ろしさも感じるような本だった。評価としては9/10というところかなぁ。

 

色々と事例が出てきて使えそうな話題ばかりだったので、再度読み直したりもしたいと思う。

▼目次

  1. ショッピングを「科学」する
  2. ショッピング現場に潜む「かくれた説得者」
  3. 「あなたの考えはお見通しです」
  4. ショッピングはあなたの「気分」だけでは完結しない
  5. 「買い物する脳」の中身
  6. 売り場が醸し出す「雰囲気」の説得パワー
  7. ブランド愛―お客の感情を操作する
  8. サブリミナルのプライミング効果
  9. テレビがあなたを観ている
  10. モバイルメディアのマーケティング力
  11. 究極の「買いたがる脳」
  12. 売り手の思惑、買い手の責任

移動者マーケティング を読んで

▼『移動者マーケティング』

著者:加藤肇/中里栄悠/松本 阿礼
出版社:日系BPコンサルティング

▼Point

著者がジェイアール東日本企画ということなので、まぁそれを売るための本であることを最初に覚えておいた方がいい。当然、移動者は魅力的ですという文章が多いので。

 

この本の中では、通勤や通学が・・・と書いてあるが、確かに役割を切り替える際には、何かの行動を伴うことが非常に多い。仕事をするぞ!という気持ちになるために缶コーヒーを買ったりと。この部分を意識してあげることは社会的役割が多い現代において非常に重要かもしれない。

アスリートでいう一種のゲンカツギ、のような気がする。

 

驚くべきことに計画的に来店している人は少ない。移動中とかお店をみて「ハッ」となって来店することが多いという。確かに自分でもそうかもしれない。そう考えると、いかに衝動的購買意欲を狙うか、ということが重要になってきそう。

また、「ハッ」とする内容も、トイレットペーパーがないから今日買わないと!!というような必要的な来店ではなく、今日じゃなくてもいいという来店が多い。前に書いた役割切り替えの部分でも一度カフェによって・・・とかCDショップによって・・・という行動はこの辺りから生まれているのかもしれない。

▼感想

移動者、という切り口ではあったが、実店舗での販売を設計していくためには非常に面白い情報が山盛りの内容だった。

JR東日本企画がやっている駅消費研究センターの中にも非常に面白い情報がたくさん入っていた。やはりJRが関連するところのデータが中心にはなっているが、このデータを他の購買シーンや旅行などでも転用することが出来そうだ。

OOHやDOOHを語るときには顧客の心理や実態を知る上で読んでおいて損がない一冊だと思った。

▼目次

  1. 買い物の前後には移動がある
  2. 「駅消費」と移動者マーケティング
  3. 移動者マーケティングとは
  4. 移動者マーケティング・プランニングの実践
  5. 特別対談-宇佐美清氏と考える移動者マーケティング
  6. 広がる可能性-移動者マーケティングの近未来

 

コンセプトメイキング ~変化の時代の発想法~ を読んで

▼『コンセプトメイキング』

著者:高橋宣行
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

▼Point

ありきたりな言葉だけれども、この本の中の事例をたくさん読んで、改めてコンセプトの重要性を知ると、深みが増してきた。

 

確かにもう時代としてモノが余っていて、新しい何かを皆求めているんだなぁと思った。スターバックスでいえば、売っているのは、場所

当然コーヒーも重要だけれども、それよりも空間を大切にしている。だからこそ接客も大切。ということなんだろうなぁと。

 

▼感想

コンセプトを作るためには非常に長い時間がかかる。今現在、手伝っている仕事もいくつかはコンセプト不足でどこに進めばいいか、迷走している状態になっている。

この本を読んでコンセプトの重要性や、考え方などは分かったが、超具体的なHow toまでは落ち込んでいなかった。

元々コンセプト自体がHow toに落とし込める内容ではない気もするが。

 

商品コンセプトを探り出し、マーケティングに応用することはあったけれども、全くの新規Prj系のコンセプトを作り出すための手順なんて本があったら素晴らしいなぁと思った。

ただ、きっとその本が出来てしまうと、「コト余りの時代」、なんてものもきてしまうのかもしれない。そうなると次にくるのは何なんだろうか・・・

▼目次

  1. いま、なぜ「コンセプト」か?
  2. 「コンセプト」って何だ?
  3. 「コンセプト」のカタログ
  4. どう創る?「コンセプト」
  5. 「コンセプト」を最大のスキルに

サインシステム計画学 を読んで

▼『サインシステム計画学』

著者:赤瀬達三
出版社:鹿島出版会

▼Point

今までは言葉で説明していたものを誰が見ても一瞬で分かるようにしたこの発見は素晴らしいと思う。
まさにユーザーの為を考えた徹底的なデザイン。
通じない可能性もあるのに徹底出来た事もまた凄い。

どうやって万人が認識できるモノをつくるか。今では当たり前の男女マークもこの頃は間違えていた。
それを補うように文言をつけては意味が無いし、ただ文言が無いと通じない、ジレンマ。

デザインというと先天的なセンスを考えてしまうが、デザインは全く感覚的なものではなく、
しっかりと理論立って説明ができることなんだなぁと感じる

 

▼感想

非常にボリュームが多い一冊。かなり時間をかけてじっくりと読みたい本。デザインというとどうしてもセンスの塊のようなイメージがあったが、全体を通して、どうやって設計をしていくのか、などということが分かった。

非常に事例などが多い一冊で、写真があり非常にイメージがしやすい。

サインという日常を邪魔しないで利便性を高くするような制約の多いものだからこそ、勉強したほうが良い内容だとも思った。

本ブログでも可能であれば中の画像なんかも紹介したかったが割愛している。

 

おそらくそのときでは最高のデザインをしているはずで、素材も変わっていないにもかかわらずより良いサインが出来てくることは、まだまだサインには能力があるんだなぁと思った。

 

▼目次

  1. 最初の試み
  2. 方法の模索
  3. 概念の展開
  4. 基準の提言
  5. 意味論
  6. 機能論
  7. 計画設計論
  8. マネジメント論

世界へはみ出す を読んで

▼『世界へはみ出す』

著者:金城拓真
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

▼Point

面白い。何もポジティブすぎるだけでなくてもいいんだね、ってこと。

 

これは怒らなくてもいいことにパワーを使わない。価値観が違うならば合わせたほうが良い

 

これはまさに。スポーツ選手だからこそ気をつけたい
200m個人メドレーの内訳を50バッタ、25バック、75ブレ、50フリーにしてやる、、、てな感じかな。

 

自分を信頼してもらい、給料以外の魅力を感じてもらう。これ、大切だなぁ。
どうやってみんなに理解してもらうか、何を大事にしてるかを考えて動かないと。

 

まさに。安全を求めてしまっていた最近。失敗したって大して痛くないスピードで走ってるのに(いや、痛いんですけどね)、転ばないようにスピード緩めてしまった、最近。
不安定を狙いにいかないとだめだなぁ。

 

確かに外国いって、日本人だと相手の態度が変わります。そりゃ、ダメなことももちろんあるけど。政府が支援していた国なんて日本人みんな大好きだし、フレンドリーに接してくる。とうぜん、打算があってだと思いますがね。けど、日本人のそういった信頼感ってやっぱ凄いですよね。利用しない手はない。コネと同じで使い倒さないと。

 

▼感想

全体を通して非常に読みやすい本だった。読むまでの時間としては2時間くらい。

何かを学ぶかというとそうでもないんですが、なんとなく再確認につかえたなぁという印象。
細かいポイントで、「そうそう、そうなんだよ!」という事が多かったです(上からw)

肩肘張ってしまっていた自分と、ゆるくなっている自分と気がつけた一冊でした。

選択肢がまだまだ広いこと、もっと世界を見るべき・競争相手のいないところにいくべきだなぁと思いました。

 

▼目次

  1. 日本をはみ出す
  2. 地球をビジネスで選ぶ
  3. サバイバル力をつける
  4. アフリカに家族をつくる
  5. 海外から日本を思う

ブライアン・トレーシーの話し方入門 を読んで

▼『ブライアン・トレーシーの話し方入門』

著者:ブライアン・トレーシー
訳者:門田美鈴
出版社:日本実業出版社

▼感想

随分と昔に、ブライアントレーシーの自己啓発のCDをよく聞いていました。冷静に考えると話している人は本人ではない(日本語なので)が、非常に話し方がうまかったことを覚えていたことから買ってみました。

全体として、タイトルどおり「話す」ということにフォーカスを当てて説明がされている本書。

スピーチをする・プレゼンテーションをする上で、準備が重要だということは元々知っていた(先輩に鍛えられた)。
改めてどんなことに注意をすべきか復習する上でも読んで見た。

 

内容としては非常に豊富で、しつこいくらいに準備が大事だと言っている。(まさにその通りだと思う)

様々な場所で、著名人の言葉を出して、説得力のある本になっている

このように、学者などの言葉を巧みに使い、なるほど!と思わせてくれる。

 

また、こういった話法だけでなく、さすがに”話”だけで食ってきたブライアントレーシーと思わせてくれるのが、会場の準備の重要性だ。
スピーチの準備だけでなく会場や周辺の人たちとの準備も必要だと事例を使いながら非常にわかりやすく説明してくれる。

 

内容としてはスピーチを初めてする際には必読な本だと感じられた。
自分も会議があるときにはこのポイントをひとつずつ意識してこなそうと思っている。

▼Point

元々の素質など関係なく、雄弁家には誰でもなれる。
実際にそうなっている人たちがいることが書いてある。自信をもってスピーチに望みたいものだ。

 

 

スピーチの不安に勝ちたいときの金言

▼目次

  1. 人を動かすパワフルな話し方
  2. わかりやすく話す秘訣
  3. 成功は入念なプランと準備から
  4. 自信と心のコントロール
  5. 誰が聞いても好印象なスピーチの始め方
  6. 少人数の会議で成功するコツ
  7. 少人数のプレゼンテーションや交渉
  8. 聴衆を魅了する「演壇の魔術師」
  9. パワフルな声の磨き方
  10. 一流の話し手が駆使するテクニック
  11. 会場を管理する
  12. エンディングは華々しく!
  13. 説得力のあるセールス・プレゼンテーション

東日本大震災被災地の現場から学ぶこと

こんばんは。15年3月10日。明日で東日本大震災から丸4年。
早いものですね。

 

2011年3月11日の地震のときは、僕は富山で合宿中でした。
不謹慎ですが、「お、これで練習休みかも!」なんて思っていました。

 

津波の映像、原発の問題、色々とありましたが、飲み水にすら困っている同じ日本人がいるのに、自分はのうのうと安全な水の中で泳いでいる。
凄く葛藤があったのを覚えています。

そんな葛藤もあって、今までずっと被災地に行けていませんでした。
行きたいと思っていましたが行けていませんでした。
きっかけも無かったし、自分がいってどうにもならないと思っていました。

 

それがある縁がきっかけで、気仙沼に行ける事に。そこで見てきたことや、学んだことを少し書いていきたいと思います。

 

現場の紹介

津波の高さ

気仙沼横丁このポールの高さまで津波が来たそうです。
津波って何となく話を聞くまでちゃんとイメージできていませんでしたが、この高さの波が来るんです。

しかも、瓦礫のかけらなどを巻き込んで時速100kmというスピードで。

身近に行って、凄さをイメージできました。

 

龍の松

写真 2015-03-07 5 55 14奇跡的に残った松。龍のかたちになっています。
大震災が起きた日は、辰年。何の因果か・・・

 

安全のために退去しなければならない土地

写真 2015-03-07 17 20 59津波の対策の為に、ある程度の高さにするため、かさ上げをします。
そのためにその場所から立ち退かなければならない人たちがいる。保障は微々たるもの。

安全のためとはいえ、今想定できる安全は、本当に安全なのだろうか。過去安全の為に設置していた防波堤が津波を防げなかったように・・・・

 

未来像の不在

元に戻そう、人々が生活できるようにしようとしていることは非常に感じられたのですが、将来的に気仙沼がどうなっていくのかは感じられませんでした。あったらいいものなのかは分かりませんが・・・

 

現場から学んだこと

色々なつらい場面を見てきましたが、積極的に復興しようとしている人たちがいました。過去を乗り越えようとしていました。

大震災を経験して、気仙沼から逃げる人もいます。誰も責めれる事ではありません。
ただ、残っている人は、地元が好きだから。子供たちの為に。色々とありますが、皆さんがコミュニティを守っているように感じました。

 

ここで着目したのがコミュニティ。コミュニティがあることで人々は頑張れる・復興が進みやすいのではないかと思いました。

 

コミュニティー、の意味

居住地域を同じくし、利害をともにする共同社会。町村・都市・地方など、生産・自治・風俗・習慣などで深い結びつきをもつ共同体。地域社会

 

利害を共にしている、という認識があるからこそ、逃げないし、復興をしようとしているのかなぁと。

 

コミュニティが大切だと思った例がもうひとつ。避難所の例です。

うまくいった避難所 うまくいかなかった避難所
・もともと知り合いがいた
・中学生などがいた
・知り合いがいなかった
・関係性が低かった

 

 

知り合いがいる、同じ利害関係者がいるからこそ、皆でうまく妥協しあい、協力しあう。それがないとうまく機能しない、喧嘩、争いが絶えない。

 

コミュニティが大切なことは何となく分かったが、じゃあ、学びをどう活かすか。

コミュニティ

二つの青の矢印を強くすることが重要だと思っています。

 

・既存コミュニティ内のコミュニティ濃度を濃くすること
・コミュニティの範囲を拡大すること

 

この二つをやっていくことで、助け合いの精神が広まるのではないかなぁと思っています。

 

残念ながらまだコミュニティをどうやって濃くするのか、どうやって拡大するのかはわかっていません。

 

きっと気仙沼は復興すると思います。まず間違いなく。
復興はきっと気仙沼の人たちで出来るとして、次何か起きたときの為や、今回で得た学びを次の人たちに伝えることが重要なんじゃないかなぁと思っています。

 

 

引き寄せの法則

引き寄せの法則って本当にあると思います。
心からやっぱりそう思うんです。

 

本日出会ったのはこの本(画像クリックでAmazon飛びます)

 

600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス

 

600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス

自分は女性ではないので、あまり使った経験ないのですが、非常に優れているサービス凄い信念だということがわかりました。

 

そして何よりも自分の考えているビジネスと近いという何よりも収穫でした。

 

今後、どうやってマネタイズしていくのかなど考えなければいけないことが山ほどあったのですが、様々な本と結び合わせて、オリジナルと作り出すことで今までにない価値を世の中に出せるのではとたくらんでいます。

 

平塚、遠いけど好きになったぜ。

今年のテーマ

鍛

 

今年のテーマ。

書初めしました。

 

こちらっ!!

鍛

 

鍛えるっていいなぁって思っていたんですけど、

鍛えるって文字

 

「金」を稼ぐ「段」取りと書くんですよね。

肉体を鍛えるだけじゃなく、しっかりと結果を残すために。

 

 

今年は鍛えます!

 

 

スポーツの感動はマズローが解き明かしていた

こんばんは。
最近、答えのない問いに向かい続けていて、色々試行錯誤している毎日。

 

そんな中、最近気がついたことを皆さんにシェアしたいと思います。
何スポーツが凄いのかなぁと思っていたときに、思いついたことです。

 

マズローの5段階欲求説

ご存知でしょうか?こんなやつです。

マズローの5段階欲求図

マズローの5段階欲求説明図です。



 

 

 

たぶん覚えている人は多いと思います。

簡単な説明をすると

 

第一段階(生理的欲求)

第二段階(安全の欲求)

第三段階(所属と愛の欲求)

第四段階(承認の欲求)

第五段階(自己実現の欲求)

ということになります。
そうそして、今回のタイトル通り

この理論には続きがあった・・・

それが、こちら。

自己超越

自己超越の説明図

え?変わってない!?

 

よーく見てください。一番上に自己超越ってあるでしょ!?
これがマズローが晩年に唱えた6段階目なのです。

第六段階(自己超越の欲求)

 

そう、これですよ。これ。
マズローいわく、この領域に達している人は、2%ほどだそう。

もしかしたら(というか絶対)解釈が違う可能性があるけれども、
自己超越って常人じゃ届かない領域だと思うんです。

 

つまり、アスリートは、自己超越している人の集まりであって、
だからこそ、みんな感動するのではないでしょうか?

みんなが自己超越したいという欲求を根底で備えているため、
その領域に達している人たちへの憧れ・・・なのではないかと思うんです。

 

きっと違うんだろうけれども、僕は何となく納得。