定期的にリマインドメールを自分に対して送るシステムを作ってみよう!

タイトル

定期的にやることとか、毎週やらなければいけないタスクって結構多いと思いますが、忘れてしまうというのが多く起こると思います。

タスク管理ツールとかも使ってみましたがあまり相性が良くなかったようで、GoogleカレンダーとGmailの★を使って管理していました。

しかし、Googleカレンダーがタスク管理ツールとなってきて見づらいので、定期的に自分にメールを送る方法をご紹介します。

使うのは、Google Apps Script

あ、大丈夫です。いきなりハードルあがったなぁ、と思わなくて大丈夫!

コピペすればいけますから。笑

リマインドメールを創る手順1

Aには送信したいメールアドレス先(違う人でもちろんOK!)。
Bにはタイトル(後述します)。
Cには本文を入れましょう。

ここで重要なのがBのタイトル。

そのまま書くと、毎週同じタイトルのメールが送られてくるので、Gmailお得意の、スレッドが重なるという現象が発生します。
あれって個人的にはうっとおしいので、修正をしてみました。

やり方は、

D2に「=today()」
E2に「=year(d2)」
F2に「=month(d2)」
G2に「=day(d2)」
H2に「=E2&F2&G2&”ここに記述したいタイトルを入れる”」

こうすると毎週メールが送られてきてもタイトルが自動的に変更されているので、かなり分かりやすくなります。

 

スクリプトを作りましょう!

続いてツールからスクリプトエディタを開きます。

リマインダーメールのスクリプト

ここでは、以下の内容を入力してください。

 

 

次に枠で囲ったマークをクリックします。

リマインダーメールをつくろう!スクリプト

プロジェクト名が求められますので、適当に好きな名前を。

プロジェクト名の入力を求められるので好きな名前を入力!

続いてOKを押すとトリガーの入力を求められるので、追加します。

my function、時間主導型の部分は変更せず、自分で好きなように設定することができます。
結構これ、便利ですよね。

リマインダーのトリガー設定

 

入力が完了したら保存を押して、承認とかとかあるので、ガンガン許可。

元に戻ってきたらまずは、赤色のボタンを押して、保存をしましょう。
緑のボタンを押すと、テストメールが送信されます(すぐ行くので要注意!

保存は忘れずにやりましょう。

ちなみに、メールアドレスに改行が入っているとエラーになります。
このエラーを突き止めるのに30分かかりました。笑

 

最後に

今回は定期的なタスクを管理するために作成してみましたが、これって定期的なリマインドにはめっちゃ便利ですよね。

例えば年間の目標を立てた後のリマインドとか、定期的に誰かにメールを送らなきゃいけないときとかとか。

これからもGoogleを使いまくっていこうと思います!!便利な使い方あったら教えてくださいー!

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*